HOME > マーケティング

展示会のリード数を100倍にするには?


秋の展示会シーズンも終わり、イベント後のフォローTELやメール配信が一巡した頃ですが、貴社ブースで獲得したリードは、うまく営業フローに乗っていますか?せっかく高い出展費用をかけて出展しても、実際の売上につながったかどうかは???ということはよくあります。マーケティングオートメーション等を導入し、リードの後追い施策の向上を図っておられる企業様も増えてきていますが、そもそもの「リード数」について考えてみたことはありますでしょうか。

例えば展示会へ30,000人の来場者があったとしても、自社の商談ブースで話をできたのは300名など、接客リソースには限界があります。展示会はマーケティングにおいて、本来「未知のお客様に出会う」機会として、従来名刺の獲得数が競われてきましたが、自社ブースでの名刺交換をゴールとしてしまうと、そのチャンスは限定的なものとなってしまう可能性があります。確かに、じっくり商談までできた質の高いリードという意味では、ブース対応は当然重要ですが、それ以外の部分にも目を向けることができるのではないでしょうか。

私たちが着目するのは「来場者」です。その展示会への来場者は、全員が貴社の業界・ビジネスに接点を持つ可能性があるターゲット層です。彼らに向けてセグメントされた広告を配信すれば、ダイレクトに訴求できる可能性は高いはずです。
ここで、スマートフォンの位置情報を活用します。展示会来場者の位置情報を捕捉して、「当日の該当する時間帯にその場所にいた」というデータをもとに、彼らに向けて貴社の商品・サービスの広告を配信するのです。「情報が欲しくて多忙な合間を縫って業界の展示会に行ったものの、貴社ブースには立ち寄る時間がなかった」という方にとっては、ありがたい情報提供になります。リアルタイムでの配信も可能なので、例えば展示会帰りに最寄り駅でスマートフォンを見ていたら広告が表示された、などブースに来場者に対する印象づけにもつながります。

さらにこの広告配信方式なら、予算の関係で年間の全ての展示会には出展できないという場合、全ての関連イベント会場に対して同様の施策を実施することが可能です。「バーチャル出展」というイメージで、リアルなブースを出さずに、リード獲得を目指すことができます。特に最近は、特定の業界に限らずよりオープンで横断的な商品・サービスも増えていますので、多くの展示会への出展を検討することになり、その場合もこうした施策がより効果を発揮するのではないでしょうか。

<下記URLより企画書をご覧いただけます>
http://www.densosha.com/wp-content/uploads/2017/10/ichi_171016_tenji.pdf
詳細につきましては、お問い合わせください。